筋トレサプリの新時代が到来!

筋トレサプリというとプロテインのイメージが強いですが、今はさらに筋肉に効果的なサプリがたくさんあります。

 

特に今注目されている成分はHMBとクレアチンです。

 

通常、たんぱく質を摂る場合はプロテインを飲む方が多いと思いますが、
この場合はまず、

 

たんぱく質→アミノ酸

 

と代謝が進みます。

 

アミノ酸の中にもいろいろあり、このアミノ酸が体に吸収されることで筋肉が増えます。

 

特に最近の研究で分かったのは、アミノ酸の中に含まれるロイシンという成分が代謝されてできるHMBが筋肉に直接合成されるということがわかっています。

 

筋トレ先進国でボディビルダーが多いアメリカでは割と常識なのですが、日本ではまだHMBはメジャーではないですよね。

 

日本では2010年に初めてHMBは市販されました。
2017年現在、ようやく浸透して、認知度が上がってきたかなという感じです。

 

アスリートや芸能人でも愛用者が増えてきており、これからますますHMBを使う人が増えていくと思います。

 

クレアチンもアミノ酸の一種で、こちらは筋トレ効果の最大化が主な効果です。
筋肉へエネルギーを届ける役割をしているのですが、それによって筋トレの効果を最大化しています。
詳しくは、筋力アップサプリ講座で解説していますのでご参照ください。

 

筋トレサプリがプロテインより高性能な理由

筋トレサプリがアミノ酸や、さらにその代謝物であることは上で説明しました。

 

ということは、最初から代謝されている状態=体内で吸収される直前の状態 ということです。

 

ということは、ものすごく吸収が早いということです。

 

これ、超重要です。

 

筋トレのゴールデンタイムってご存知ですか?

 

ゴールデンタイムとは、筋トレ直後の30分以内のことで、この時間は筋トレで傷ついた筋肉を修復するために筋肉が体内のアミノ酸をものすごい勢いで吸収している最中なんですね。

 

なので、多くの筋トレ愛好者は筋トレ直後に一生懸命プロテインをシェイクしてがぶ飲みしてるわけです。

 

でも、プロテインは意外と吸収されていきません。
なぜならたんぱく質の状態で摂取しているので多くの代謝過程が必要だからです。

 

でも筋トレサプリならそんな心配点が無くなります。

 

ものすごい吸収されやすいので、ゴールデンタイムにバンバン吸収されていきます。

 

もっというと、ゴールデンタイムは筋トレ後だけではありません。
筋トレの最中にも筋肉は激しく消耗し傷ついていきますから、筋トレ中でもアミノ酸がかなりの量必要になります。

 

そこで、筋トレの前や筋トレの最中に飲むと効果的です。

 

プロテインを筋トレ前や筋トレ中に飲んだことがある人はわかると思うのですが、
結構お腹にたまるので筋トレに支障をきたしますよね。

 

これでは筋トレそのものを最大負荷でおこなうことができません。

 

一方筋トレサプリなら小さなラムネ菓子みたいなタブレットタイプだったり、
粉タイプでもかなり少量で済むので筋トレに悪影響を及ぼすことがありません。

 

しかも分けて飲みやすいので分量調整も簡単です。
筋トレ前、筋トレ中、筋トレ後に飲めば完璧です。

 

まとめ

プロテインは色々な点で最新の筋トレサプリに完敗です。
強いて言えばプロテインはたんぱく質なので、色々な成分が少しずつ入っていてある程度網羅性が高いことでしょうか。
でも、筋トレサプリなら本当に必要な成分をピンポイントで摂取できるのでやはり筋トレサプリの勝利ですね。