筋肉が増える仕組み

筋肉が増えるにはサイクルがあります。

 

筋トレで筋肉を傷めつける→筋肉が修復される(この時より太い筋肉になる)→前より高い負荷で筋肉を傷めつける→修復

 

という流れで、筋トレと修復を繰り返します。

 

この筋トレの時に痛めつければつけるほど、修復後の筋肉は太くなります。
また、修復の時に体内の栄養が豊富であればあるほど、増える筋肉の量が大きくなります。

 

ということは、まとめると、

 

できるだけ筋肉を傷めつける→栄養をたっぷり取りながら筋肉を休ませる

 

という流れを繰り返すのが最も効率的に筋肉を増やすコツだということですね。

 

勿論、筋トレメニューの充実化を図ることも可能ですが、現在ではそれ以上にサプリ選びが大事になってきています。

 

サプリの選び方で筋肉の成長速度に大きな違いが出てきます。

 

まず筋肉を完ぺきに鍛えぬくために筋トレの効率化を図るべきなのですが、
これはクレアチンが良いです。

 

クレアチンを飲むと、筋肉にエネルギーが充填され続けるので最大負荷でトレーニングし続けられます。
従って、痛めつけられる筋肉量が増えます。
筋肉痛は辛くなるかもしれませんが(笑)

 

そして栄養補給はHMBが最強です。
HMBは筋肉の直接的な栄養となりますので飲むだけで効果の実感が期待できます。
また、HMBとHMBサプリに含まれるグルタミンによって筋肉の修復速度が高まるので、筋肉痛の期間が短くなる可能性もあります。

 

これらのことは筋力アップサプリのページに詳しく書きましたのでご参考ください。

 

筋肉が大きくなる仕組み、その仕組みをふまえて、サプリで補うことで筋肉を効率的に筋肥大させていってください!