筋力トレーニングで痩せる身体を手に入れよう!

筋力トレーニングの印象として、筋力をつける・体重を増やす・身体を大きくするなど色々な印象があると思います。しかしながら、筋力トレーニングは、程よくきれいな筋肉をつけることによって、代謝を上げたり、動ける身体を作ることが出来ます。その結果として体重が落ちたり、体脂肪が落ちたりするのです。今回は、筋肉トレーニングの効率化と方法について考えていきましょう。

 

筋トレ方法の見直し

まずはじめに、筋肉をつけて痩せる身体を作るにあたり、筋力トレーニングの方法を見直さなければなりません。ただやみくもに筋力トレーニングを行ってしまうと、無駄な筋肉や使えない筋肉がついてしまいます。まずは、筋肉をつけるにあたり筋肉を柔らかくしなければならないと私は思います。その方法とは、ストレッチやヨガです。なぜかと言うと、痩せるためには、先ほど述べた通り、代謝を上げなければなりません。硬い身体や筋肉であると、エネルギーや脂肪を燃やせず、上手く体重が落ちてくれません。ストレッチやヨガだけで体重を落とす女性もいますので身体のバランスを整えつつ、柔らかくすることはとても重要でしょう。

 

筋トレのための体の構造講座

続いて、身体の構造を踏まえてお話しすると、上半身と下半身の筋力バランスはおおよそ7:3程度と言われています。先ほどの話とリンクさせると、上半身の筋肉をつけて代謝を燃やすより、筋力比が多い下半身の筋力をつけることが効果的です。スクワットやランジと言われる筋力トレーニングが主となると思います。とはいえご存じの通り、なかなか絞ることは難しいと思います。毎日継続して、お尻の筋肉や、太ももの前後の筋肉に刺激をいれることで少しずつ筋肉がついていき、代謝は良くなっていきます。

 

体幹を鍛えると痩せる!?

最後に、身体の中心部、身体の幹である体幹という所を鍛えてあげるだけでも痩せることが出来るのです。体幹とは、別名インナーマッスルと言い、身体を支える筋肉でざっくりお腹側の筋肉と背中側の筋肉で構成されています。その筋肉をドローインやブレーシングという方法で意識して絞っていくと、お腹周りがすっきりとしていき痩せていくのです。某芸能人さんが呼吸を意識することで痩せますよと提唱したダイエット法でもこのやり方が取り入れられています。男性・女性問わず1番取り入れやすい方法かもしれません。
上記で挙げました通り、色々な方法があるとは思いますが、自分自身が無理なく、効果を感じながら出来る筋力トレーニングをしていくことが重要であると思います。
また、食生活の見直しも必要で、たんぱく質以外に筋力アップサプリで必要な栄養を補うことも重要です。