モデルさんやタレントさん並みの腹筋を手に入れる方法

最近はモデルさんやタレントなど女性でも腹筋を鍛えている人が多く、「腹筋女子」なんていう言葉が流行していますよね!
パックリと割れるまではいかなくても、ほどよく引き締まった腹筋と言うのはカッコイイし、何よりもくびれたウエストというのは同じ女性から見てもとっても魅力的ですよね。
そんな腹筋女子の画像を色々と見て、「私もこうなりたい!」と腹筋を鍛えている…という人も多いと思います。
しかし、そもそも女性は筋肉をつける男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が少ないですから、男性が腹筋を鍛えるよりも相当ハードルは高いと言えます。
また、女性というのは一般的に男性よりも皮下脂肪が多いですから、その点でも腹筋を引き締めるというのは男性より難しいと言えますね。
女性が腹筋を鍛えるのであれば、ただ単に筋トレの回数をこなすというのではなく、より短時間で効率的に行うというのがポイントです。
この記事では、「腹筋女子」を目指す女性のために、効率的に腹筋を鍛えるポイントについてご紹介します。

 

急にハードなトレーニングは危険!

まず第一に、(腹筋だけでなく筋トレ全般に言えることですが)決して急にハードなトレーニングを始めないということです。
特にそれまで運動の習慣がなかったような人が急に負荷のかかる筋トレを初めてしまうと、ひどい筋肉痛になったり体を痛めてしまったりする恐れが高いです。
筋トレをする際は、最初は回数を少なく、そして慣れてきたなと感じたら少しずつ回数を増やしていく…というやり方を厳守して下さい。

 

むやみやたらに数をこなすと効果が出ません!

また、初心者が陥りがちなミスに、「とにかく数をこなす」というのがあります。
例えば毎日腹筋100回!と、サッサっとスピードの早い腹筋をして「今日も頑張ったなー」と満足する…というのは実はあまり意味がありません。
というのは、このように回数をこなすことだけを意識してしまうと、フォームが崩れたり力を入れる場所をきちんと意識できていなかったりと、結果的にあまり効果が出ない場合も多いからです。
それよりも、回数は少なくても、しっかりと呼吸や効いている筋肉を意識しながらゆっくりと行う腹筋のほうがずっと効果があるものです。
初心者であればあるほど、きちんとフォームを意識しながら行うことが大事です。

 

様々な腹筋運動を組み合わせて、腹筋全体を鍛えよう!

さらに、様々な種類の腹筋運動を組み合わせて行うのも非常に効果が高いです。
例えば通常の腹筋だけではなく、左右(ナナメ方向)に体を持ち上げてみる、首を少し持ち上げた状態で左右に上半身を倒す、太ももを上げた状態で腹筋する…などなど、様々なバリエーションで行ってみましょう。腹筋への効果はさらにアップしますよ!

 

また、腹筋を鍛えるにはサプリが必要ですが、筋力アップサプリ講座を参考にしてみてください。