筋トレすると痩せるは間違い!?⇒みんなが勘違いしていること

近年では男女を問わず美容意識が高くなっていますので、多くの方がボディメイクに気を遣っています。そしてその中には筋トレを行う事でダイエットしようと考える方が多いのですが、この方法にはいくつかの注意点などが存在しています。
まず最初に認識を改めなくてはいけないのは筋トレする事では痩せないと言う点になり、むしろ一時的にですが体重は増加します。これは筋肉トレーニングと言う物が筋肉量を増やす事を目的に行われる事が理由になっていて、基本的に筋肉がつく事で基礎代謝は上がりますがその筋肉の分だけ体重は増加します。
なので筋トレする事でダイエットを目指す場合、トレーニングする事で?せるのではなくトレーニングする事で?せやすい体にすると言う認識を持つことが重要になります。したがって一時的に体重が増加したとしても継続して行う事が重要なポイントになっています。

 

栄養をしっかり摂ると太るんじゃ!?⇒逆にダイエットを成功しやすくなります

次にしっかりと栄養を取る事もダイエットを成功させるコツになります。一般的にダイエット中は食事制限している方が多いのですが、これは逆効果になってしまうケースが多くなります。
と言うのも筋トレは筋肉を破壊する行為であり、その壊れた筋肉を回復させる為には食事でしっかりと栄養を取る必要があります。なので食事を制限してしまうと回復に必要な栄養が摂取できず、結果として筋トレの効率が悪くなってしまいます。
なお、この時には栄養バランスを考え食事する事も大きなポイントになっています。
例えば筋トレ中の食事として有名なのは鳥のささ身などになりますが、これはプロのアスリートや短期間で筋肉をつけたい場合など特殊な理由がある方が選ぶ方法になります。なので、ダイエット目的なのであればバランスを考えながらある程度は自分の好きなものを食べても良いとされています。
ただ、食事で足りない栄養を補う必要がありますので、オススメの筋力アップサプリで栄養をまかなってください。

 

ダイエット目的の筋トレの適切な負荷

そして実際にどの程度の負荷をかけるかについてですが、これは可能な限り強い負荷をかけた方が良いと言えます。ダイエット目的の筋トレの中には負荷を減らして回数を多くした方が効率的であると言う意見がありますが、この場合は正確に言えば筋肉トレーニングではなく単なる運動になります。
例えば、徒歩で毎日通勤や通学している方の中で足が太くなったと言う方は見られません。これは軽い負荷を毎日かけていても筋肉が成長しない事が理由になっていて、筋肉と言う物は本人が辛いと感じる様な負荷がかからない限りは成長しにくくなっています。
したがって筋肉を増やしてダイエットする時には、自分の限界に近い負荷を少ない回数かけた方が効率は良くなるとされています。